読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戸田徹郎司法書士劇場

佐賀の戸田徹郎 司法書士事務所のつれづれです。

司法書士のお仕事(事務所の整理編)

皆様、祝日の夜いかがお過ごしですか? 支配人の戸田です(ラジオDJ風)

 

祝「一カ月坊主打破!!」。次は三カ月坊主打破を目指します☆

 

まあ兎に角、手間のかかるブログ更新ですが、矢のように過ぎ去る日々の仕事の備忘録的な感じで、その月にあったこと思ったことを毎月月終わりか翌月頭に綴っていけたらと思っております。

タイトルも司法書士のお仕事」にしようと思います。

司法書士の仕事ではないことも多々やってるので、そっちを書くこともあるとは思いますが・・気にせんといてください。

 

先月の振り返り&今月からの目標的な感じで、タイトルにありますように「事務所の整理整頓」を心がけていきたいと思っています!

 

自分の性格上特に仕事ごとに関しては色々とかなりきっちりとしているつもりですが、今後はそれをさらに高めていこうという心意気です!

 

具体的なことを言いますと、日々増え続ける、書籍・資料の整理、事件FILEの整理、顧客データの整理、受任事件経過報告の詳細な更新、事務所備品の整理などを自分が満足のいくレベルまで高めたいと思っています。

 

上記に書いたようなことは、日々の業務上は決して優先順位の高い事柄ではありません。

事務所営業中はいつも「絶対にその日のうちやらなければいけないこと」を先ず行い、それが終わると「なるべくその日のうちやっておいた方がいいこと」を順次こなしていきます。

気持ち的には日々締め切りに追われる漫画家さんみたいな感覚です。

そんな中で、上記の様な「整理整頓」はどうしても後回しになりますし、自分自身が行わなくてもいいことの様に一見思ってしまいますが、受任事件が多くなるにつれ最近は面倒な「整理整頓」こそが仕事を失敗しない肝だなと感じ始めております。

 

ジブリ宮崎駿監督の作品制作中の口癖が「あ~面倒臭い」というのをテレビで見たことがあります。宮﨑監督は「大事なことは大概面倒臭い」という持論があるそうです。

僕もこれに共感できます。大切なことほど面倒で、面倒なことほど実は大事だと業務をやってて思います。

f:id:todateturou:20161103185617j:plain

 上の写真は事務所の受任事件BOXですが、改めて見ると待ちであったり長期だったりのなんだかんだを含めると、常時20件以上の案件を同時進行でやっています。

事件内容もバラバラでのこの数を詳細に把握することはなかなか難しいので、事務所メンバーで共有できるよう各案件を整理しておくことは本当に大事だと実感しております。自分だけが把握していてもダメですからね~

 

整理整頓はなかなかササッとできるものではないですが、毎日時間を見つけてはボチボチやっていこうと思っています。

・・・と言いつつ、来所された際にゴミ屋敷のようになっていたら・・・「失敗したんだなぁ・・」と同情してやってください・・・