読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戸田徹郎司法書士劇場

佐賀の戸田徹郎 司法書士事務所のつれづれです。

久々のブログ更新(戸田記入)

支配人なのに久々のオフィシャルブログ更新です(^_^;

 

今年に入ってからはなかなか色んなことが忙しく、保井さんも含めてブログを更新する余裕が無く放置状態となっておりました。。。

私の父親を含め結構多くの方から更新頻度の低さを指摘されるので、見てくれている方もわりといるんだと自覚して、今後は心を入れ替え「月に一度は更新」を目指そうと思います!!

・・まあでも僕一人ではまず無理なので・・手分けしてやろうと思います(-_-;

 

とは言え、本当は色々紹介したい業務の内容は、守秘義務の関係上詳しく書けないので,

触りだけちょびっと書いていこうかなと思います。

 

最近の業務で特筆すべきことだと思ったのは、もう去年からやってた簡裁代理の訴訟が、一審判決後控訴されて本人訴訟になり、こっちも附帯控訴すると、さらにわけわからん金額で反訴され、すったもんだの挙句に最終的には10対0の勝ちで確定、というのがありました。

 

訴訟知識がないとなんのことかわからんと思いますが、一般的に過払い訴訟とかでない限り、交通事故とかと同じで10対0の判決ってなかなか出ないものだと思うんですよ。(僕が知らんだけで結構あるのかもしれんですが・・)

まあ、僕自身としては「へーこんな判決も出るんだ~(+_+)やったね!!」って感じでした。

 

まあただ実感として思うのは、やはり「訴訟業務は大変~費用対効果めっちゃ悪い~難しくない普通の登記の仕事がいい~」ですねぇ。

訴訟が主軸の弁護士の先生は本当に大変やと思います。高い報酬を取るのもまあ当然だなぁ~といった実感です。

弁護士並みに報酬を取れない司法書士は悩ましいところですねー

「そんなに費用はかけたくないけど訴訟はしたい」という需要はかなり多くあるんだと思いますが、受ける方はなかなか辛いといったところですね(-_-)

 

なんか書いていると結局愚痴っぽいことになってしまいましたが、開業して3年経ち、おかげさまで順調に受任件数も増えております。自分の力量が追つかんのは相変わらずです。

仕事が増えたのは全部自分の実力と言いたいところですが、実際は事務所の立地の良さが大半を占めると思います。周りに殆ど事務所がないので助かっている感じです。

今度僕の同期が法務局の間近に事務所を構えるそうですが、やはり司法書士業務も商売は商売なので立地は本当に大事だと思いますねー

 

というわけで佐賀の司法書士資格者の方は、戸田事務所の近くに事務所を出さないでくださいね(笑)